スポーツ

佐々木クリスのWiki経歴!実はミュージシャンとしても活躍

スポンサーリンク
------- 【この記事はプロモーションが含まれております】 -------

FIBAバスケットボールワールドカップ2023が始まりますね。

今回は日本での開催ですが、テレビ中継の解説が「佐々木クリス」さんというバスケットボールアナリストの肩書を持っている方です。

今回は、解説する佐々木クリスさんのWiki経歴を見ていきたいと思います。

実はハーフで元バスケットボール選手なんですね!

詳しく見ていきましょう!

佐々木クリスのWiki経歴!

佐々木クリスさんのWiki経歴です。

佐々木クリスさんのWiki経歴

佐々木クリスさんのWiki経歴

名前:佐々木クリス

生年月日:1980年12月24日

年齢:42歳

出身:アメリカ・ニューヨーク

身長:178㎝

体重:75㎏

出身大学:青山学院大学経営学部

出身高校:桜美林高校

職業:バスケットボールアナリスト/アーティスト/ミュージシャン/モデル

結婚:既婚

佐々木クリスさんはバスケ一筋かと思っていましたが、意外にも甲子園を目指す野球少年でした。NBAの試合をみて高校からバスケットボール部に入ります。

佐々木クリスさんは、現在は、アーティスト、モデル、ミュージシャンとしても活動してますが、メインはバスケットボールアナリストとして、テレビやラジオ、イベントに出演してます。

見た目が凄く若く感じますが、実は42歳で意外と年齢が高いことに驚きました。

結婚もされており、お子さんもいらっしゃいます

スポンサーリンク



佐々木クリスはハーフ!

佐々木クリスさんですが、ハーフです。

父親が日本人、母親がアメリカ人です。

実は、アメリカのニューヨークで生まれていて、、4歳半より東京で育ちます。

プロバスケット選手としても活躍

佐々木クリスさんは、2011年にbjリーグ合同トライアウトに参加し、千葉ジェッツにドラフト外で入団しました。

千葉ジェッツは11試合のみ出場で、あまり活躍はできませんでした。

2012年には東京サンレーヴスへ移籍し、佐々木クリスさんは全試合に出場しました。

シーズン終了後、東京サンレーヴスとの契約満了に伴い現役を引退しました。

現役時代のポジションはガードです。

佐々木クリスさんはプロバスケット選手としても活躍していましたが、実は音楽活動もしています。

佐々木クリスさんの音楽活動についても見ていきましょう。

スポンサーリンク



佐々木クリスはミュージシャン!

佐々木クリスさんは、アメリカ人のお母さんの影響により、いろいろなジャンルの洋楽を聴いて育ちました。

自然とノリがよく真理を追求するラップに惹かれます。

大学3年の時にDJ MASTERKEYと出会い、音楽プロデューサーとしての活動をスタートします。

すごくかっこいいですね。

デビュー曲は、テレビ東京系アニメ「DEAR BOYS」のエンディング・テーマで『Ballerの章号』です。

作詞と歌はCHRIS、作曲・編曲はDJ MASTERKEYです。

歌手としては活動している時は「佐々木クリス」ではなく、「CHRIS」という名前で活動されています。

スポンサーリンク



まとめ

今回は佐々木クリスさんのWiki経歴やミュージシャンとしての活動をお伝えしました。

バスケットボールの解説者としても人気です。

今回のワールドカップの解説も楽しみですね。

スポンサーリンク