芸能

榮倉奈々のブランドが高いって本当!評判や口コミを確認

スポンサーリンク

--------------------------------------------------------------------------------------------------
【この記事はプロモーションが含まれております】
--------------------------------------------------------------------------------------------------

女優やモデルとして活躍されている榮倉奈々さん。

2023年にアパレルブランド「newnow」を立ち上げました。

この榮倉奈々さんが立ち上げたブランドの「newnow」が高いという噂があるようですが、実際にどうなのか口コミ等を調査しました。

榮倉奈々のブランドが高いって本当!

榮倉奈々さんが2023年10月に「newnow」というアパレルブランドを立ち上げました。

榮倉奈々さんは、「newnow」を運営する新会社「株式会社LAND NK」のCEOに就任されています。

この「newnow」が高いという噂があるようですが、どうなのでしょうか?

「newnow」とはどんなブランド?

「newnow」は榮倉奈々さんが元々洋服好きだったことで、女優との兼務で立ち上げたブランドです。

レディースだけでなくメンズの洋服も展開しており、シンプルなのに他にないようなデザインで素材感もいいと話題になっていました。

スタイリストの上杉美雪さんとデザイナーの福屋千春さんと一緒に立ち上げたブランドです。

このブランドのコンセプトは、

「変わりつづける今を生きる服」。

今を表すものは、時の流れによって大きく変容していきます。
時代の鼓動を捉えて日々の変化にしなやかに適応しながらも、
洗練を追求し、そしてその結晶を共有していきたいーー

です。

榮倉奈々さんもこのように話しています。

「美しくて、リラックスできて、日常に溶け込む。自分に自信を与えてくれる服」

引用元 https://newnow.jp/

榮倉奈々さん自身もモデルとなっていて、靴下からキャップ、スカート、パンツ、トレーナー等いろいろとありました。

「newnow」は値段が高い?

「newnow」ですが、値段が高いという声があるようですが、実際はどうなのでしょうか?

オンラインショップで値段を確認してみました。

  • Timeless マルチライン チューブソックス:2,970円
  • Timeless キャップ:8,800円
  • Timeless クラシック Tシャツ:12,800円
  • Timeless クラシック ロングスリーブ Tシャツ:16,800円
  • Timeless フーディ:34,800円
  • Timeless クラシック スウェットパンツ:26,800円
  • VI/LI スカート:68,200円
  • ウールペインターパンツ:64,900円

それなりの値段はするようですね。

確かに他の芸能人がプロヂュースしているファッションブランドと比べても少し高い感じがしますが、受注生産されている関係もあるかもしれないですね。

「newnow」はどこで購入できる?

「newnow」ですが、在庫を持たないことで環境配慮を含めて受注生産を行っています。

そのため、受注会というイベントでの販売と一部の商品はオンラインストアで購入することができます。

受注会は、2023年は2回開催されており、オンライン受注会と現地の受注会があります。

オンラインストア:https://newnow.jp/collections/timeless

スポンサーリンク



榮倉奈々のブランドの口コミや評判は?

榮倉奈々さんのブランドの「newnow」の口コミや評判を見ていきたいと思います。

榮倉奈々のブランド「newnow」の口コミや評判は?

newnowのアイテムが欲しいと思っている人が多いようですね。

受注会に参加された方も高評価ですね。

セレブ価格と思っている方もいらっしゃいました。

newnowを購入された方ですが、高額出費だったと言っていますが、着心地がかなり良いみた

newnowの評判や口コミはかなり高評価のようですね。

受注会を中心とした販売形式も良いのかもしれないですね。受注会には榮倉奈々さん自身も来られているので、本人との会話や榮倉奈々さんからのアドバイスなどもあり、良かったというコメントがたくさんありました。

スポンサーリンク



まとめ

榮倉奈々さんがプロデュースしているアパレルブランドの「newnow」について、お届けしました。

確かに値段は少し高い感じがしますが、環境に配慮して受注生産されていることを考えると、それ相応の値段ではないでしょうか?

2024年の受注会も楽しみですね。

スポンサーリンク